再婚したい人のバツイチ婚活サイト!女性無料あり

婚活サイトを始めるのに用意をしておきたい証明書類は?

婚活サイトで婚活を始めようと決めたら必要なものを確認しましょう。
ほとんどの婚活サイトが必要なものは共通していますので、覚えておくと便利です。


身分証明書

公的な身分証明書を用意してください。

運転免許証、日本国発行のパスポート、健康保険証の3つの内いずれかでいいという婚活サイトがほとんどです。

身分証明書があることで、年齢確認にもなりますし本人確認にもなるため、とても大切な要素です。

特に年齢は大切な部分で、婚活サイトは18歳未満の利用を禁止しているところがほとんどです。場合によっては20歳以上でなければ利用することができません。

年齢確認については法律で決められているところもありますので、必ず用意しておきましょう。

また多くの婚活サイトが年齢認証を行うと、プロフィール欄に「年齢確認済み」などと分かりやすいよう印を入れています。

独身証明書(任意)

独身証明書は必ず必要というわけではなく任意での提出となっています。提出することによるメリットはプロフィール欄にマークがつくのでより信頼できる人と思われる所。

ところで独身証明書とは何かというと、あなたが独身であることを証明する書類です。

本籍がある市町村区役所で発行してもらうことができ、書類には市区まで書かれた本籍地に生年月日、民法第732条の重婚禁止に抵触していないことを証明すると言ったことが記載されています。

様式は市区町村により異なりますが、内容は同じです。なお本籍地が遠く取りに行くことができない場合は、郵送による申請が可能です。

郵送による申請は申請書に80円切手を貼りつけ返送先住所を書いた返信用封筒、発行手数料分の定額小為替、身分証明書のコピーを送ってください。

発行手数料は300円の所が多いようです。

なお役所に知り合いがいる、役所で働いているなどと言った理由で、独身証明書を発行してもらうのが恥ずかしいと言う方は、戸籍謄本、戸籍抄本でも認めている婚活サイトもありますので確認しましょう。

MEMO

婚活サイトによって違いがありますが独身証明書の他に収入証明、学歴証明などの提出が可能なサイトもあります。

プロフィールに掲載する内容はあらかじめ考えておこう

婚活サイトに登録するとプロフィールの記載があります。

登録してからのんびり考えてもいいのですが、時間がかかりますのであらかじめある程度のことは考えておきましょう。

生年月日や血液型などはすぐに入力できますが、理想の異性像とはどのようなものか、たばこやお酒などの嗜好品はどうかと言ったことも考えてみましょう。

さらに具体的にいつごろまでに結婚したいのかと言うことも考えてみてください。

写真を用意しておこう

プロフィールには写真を掲載します。

写真はピンボケやプリクラなどの簡易的なものではなく、本人だけが映ったものを用意しましょう。

正面から見た顔を、できるだけ笑顔で掲載するのがいいと言われています。手や小物で顔の一部を隠すのは止めましょう。

納得のいく写真が撮れるまで時間がかかることもありますので、写真は早めに用意しておくのがおすすめです。

なお婚活サイトによってはプライベート写真を掲載できるところもあります。ペットと一緒の写真や、趣味を実行しているときの写真などを数枚用意しておくといいでしょう。

お金は当然ながら必要です

婚活サイトはほとんどが有料性です。

月額制の所もありますが、ポイント制の所もありますので、毎月かかるお金の準備はしておきましょう。

数カ月単位の会員の場合は、1度にまとめてお金を支払います。

1か月あたりの費用は少なくても、1度に支払うお金は大きいので、早めに用意しておいてください。

 

婚活サイトを利用するにあたって用意しておきたいのは以上です。

後から婚活パーティなどに参加するために、費用がまた別途必要になるでしょうが、初期段階で必要と言うことにはならないでしょう。

準備万端にして婚活に臨んでみてください。