再婚したい人のバツイチ婚活サイト!女性無料あり

結婚相談所の男性会員と女性会員の年齢は?大手結婚相談所の年齢層を比較

結婚を意識しはじめる頃、毎日の生活の中で出会いが無いと嘆いている人も多いのではないでしょうか。
出会いの場を紹介してくれる結婚相談所を利用してみたいものの、自分なんかに相手が出来るのかと、躊躇してしまう人もいるでしょう。

特に利用する年齢層を気にする方もいます。

結婚相談所を利用しようと思っても、どんな年齢層の人がいるのか気になりますよね。イメージとしては結婚できない40代~50代の男性や、行き遅れそうな30代以降の女性が利用している部分が多いと思います。


男女別の年齢層の比率

男性会員は、30代が多く、次に40代、20代後半となっています。
女性会員は、30代前半がメインで、次に20代後半、40代前半となります。

勿論、これは平均的統計であり、個別結婚相談所によっては多少の違いがあります。又、プラン内容によっては、年齢層にも開きがあります。

各結婚相談所の年齢層データ

パートナーエージェント

20代~46歳以上までバランスよく会員が分布していますね。

公式サイト:https://www.p-a.jp/

IBJメンバーズ

IBJメンバーズは35歳以下の女性の割合が65.9%と特出して若い女性の会員が多くなっています。

サンマリエ

サンマリエは逆に45歳以上の男女の割合が他の結婚相談所よりも多くなっていますね。

公式サイト:https://www.sunmarie.com/

オーネット

オーネットの割合はバランス型といったところでしょうか。典型的な結婚相談所の割合に近い感じです

公式サイト:https://onet.rakuten.co.jp/

ツヴァイ

ツヴァイは40代の男女がかなり多いのが特徴ですね。50代と60代の会員もそこそこいます。

公式サイト:https://www.zwei.com/

ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ縁結びエージェントも35歳以下の女性の割合がかなり多い結婚相談所になっています。

公式サイト:https://zexy-en-soudan.net/

エン婚活

エン婚活は30代の女性が6割超となっていて男性も31歳~45歳までに密集しています。すこし若めですが基本的なバランスですね。

公式サイト:https://en-konkatsu.com/

実際に結婚相談所に登録している人の年齢層を見てみると35~39歳の利用者が最も多いのですが、もっと詳しく見てみると30代前半から40代前半に利用者が集中しています。

もちろん20代の利用者もおり、40代後半、50代、中には60代の利用者もいます。

30~40代が多いのは、就職して10年近くたち、生活も収入も安定しており、そろそろ自分の将来について考えるころ、また子供ができてもぎりぎり退職する前に成人するということから結婚を考える人が増えるようです。

経済的な理由

結婚相談所に若い人が少ないのは理由があります。

若いころはまだ結婚は考えられない、まだお付き合いの段階まででいい、という方が多いのもありますが、結婚相談所に入会し、利用するためにはお金がかかります。

入会金だけで何十万というところもありますし、入会金が安い結婚相談所でもお見合いやパーティに参加するたびに何万円と言うお金が必要になります。

無事に異性と出会うことができたとしてもお付き合いのために服装を整えたり、身だしなみをきちんとする、デート代をねん出するとなるとそれなりのお金がかかります。

男性入会者は特に女性よりもお金がかかる傾向にあるので、結婚相談所に登録できるということは経済的に安定していなければならないということなのです。

特に医者や弁護士、高収入など条件が限定されている結婚相談所であればあるほどその傾向は強くなります。

女性側の理由

女性側は今は社会進出している人が多く、婚期を逃してしまったというだけではなく、経済的に自立できてから結婚を考えたいという人が増えています。

もし結婚して妊娠でもすれば長期間仕事から離れなければならず、収入は激減します。そのためある程度貯金がたまってからと考える女性も少なくありません。

結婚相談所に登録している女性の多くは30代半ばが最も多く、20代の女性もいます。今まで出会いに縁がなかった、恋愛経験が少ない女性が多く、優等生イメージの女性が多いようです。

ネガティブな30歳以上!?

結婚出来ない=自分で相手を探すことが出来ない、ネガティブな人と言うイメージが強いのですが、必ずしもそうとは限りません。昔は、あまりいい印象が無かった結婚相談所も、最近では、知名度も上がり、社会的評価も高まっています。

モテない、30過ぎたから、と言って焦って入会するのではなく、既に20代前半から入会していると言う人も多いのです。

結婚に対する条件も高まりつつある中で、周りにいる異性はそれに適さない、理想を求めて、入会すると言う若い年齢層も多くなっています。

キャリア重視で生きてきた人たち

女性の社会進出が増え、30歳になっても、仕事に打ち込んで、気が付くと、周りは結婚していたと言うこともあります。

それは女性だけでなく、男性の場合もあり、生涯独身を通したいと思っても、周囲からは結婚しなさいと促され、とりあえず入会だけでも、と言う事もあります。

結婚よりも仕事と考えている人は当然、結婚から遠くなってしまいますが、世間体等もあり、結婚相談所に登録をしていると言う人も意外と多いのです。

最も多いのは職場の出会いがない理由

登録している人で最も多いのは職場が同性ばかりで出会いがない、異性がいても既婚者かかなり年上というパターンです。

ただ出会いに恵まれないというだけでほとんどが30代前後なので結婚相談所に登録するとすぐに異性を見つけて退会することが多いです。

対人関係が苦手で結婚できないという人も多く、また交際相手と長く付き合った結果別れてしまったという人も結婚相談所に登録していることが多いです。

この場合は30代後半に差し掛かっている人も多いのですが、なかなか相手が見つけられずカウンセリングを受けて異性を見つけるということが多く見られます。

結婚相談所を利用する人の年齢層は様々ですが、結婚できなかった理由によって年齢層はまた変わってきます。あなたが異性に求める年齢層もそうですが、相手がどのような人で、どのような考えを持っている人かを見極めることも大切なポイントです。

自分が何歳ぐらいの人と結婚を考えているのか、利用したい結婚相談所の会員の年齢層を調べた上で、検討してみると良いですね。